カノコのボヤキ

観たもの・聴いたもの・塗ったもの

手荒れのはなし

そろそろ2017年ベストディスクも選びたいのですが今日はスキンケアの話をしてみます。

 

ひどい乾燥肌で粉を吹いていたり身体中がかゆかったり、いろんな症状に悩まされていました。

特に悩んでいたのが手荒れ。

主婦でもないのに主婦湿疹が絶えず毎晩かゆさに耐えられず寝不足。そんな生活を10代からしておりました。

娘のガッサガサな手を見かねた父親にコスメキッチンへ連れてってもらい、そこで買ってもらったハンドクリームをきっかけにオーガニックのスキンケアに興味をもちました。結局父親が買ってくれたハンドクリームも体質に合わなかったのですが人工的ではない自然成分の優しい香りに魅了された覚えがあります。

 

しかしオーガニック、なんといっても高い。

そこで現在はアメリカ通販サイトの「iHerb(アイハーブ)」で買えるスキンケア用品を愛用しています。

jp.iherb.com

 

オーガニックに切り替える前の手荒れ具合を100%とするなら今は10%くらい。

まだ完治はしていないのです。

荒れてしまった手をなんとかしたいのももちろんですが、

まず「なにに反応して荒れるのか」を探る。

 

手に触れる身近なアイテムをすべて疑う。

高かったから・名の知れたブランドだから・みんなが良いと言っているから。

だから使い続ける。

こういう考えは持たないというのが私のモットーです。

 

そこで今日は「これは信頼できるな」を思ったアイテムを紹介していきます。

この季節手荒れに悩む方が多いと思いますのでご参考になればと思います。

 (個人の意見ですのでお肌に合う合わないは自己責任でお願いいたします。)

 

Nature's Gateのシャンプー・コンディショナー

iherb.co

iHerbを使うきっかけ。

コレ、たとえば公式通販サイトで買うと倍ほどするんです。以前は東急ハンズで購入していましたが地味にお財布が痛むのでなんとか安くならないかと探してたどり着いたのがiHerbでした。

ドラッグストアで購入するようなケミカルなシャンプーからこのシリーズへと切り替えてみたところ頭皮の乾燥が和らぎフケ目立たなくなったのと、髪を洗っているとき手荒れに染みて痛いということが無くなりました。

デジタルパーマ、カラーリングと髪に悪いことばかりしていますがヘアサロンの方に褒めてもらえる髪質が保てているのはこれのおかげ。

色んな種類があるのでその時の髪の状態に合わせて選んでいます。

現在は割と頻繁にカラーリングをしているのでざくろとひまわりを使っています。

公式通販サイトが参考になります ↓

ヘアケアチャート - Nature's Gate|ネイチャーズゲート公式オンラインストア

 

 

Earth Scienceのヘアマスク

iherb.co

 残念ですがオーガニックのシャンプーやコンディショナーに切り替えると髪のギシギシが大変気になると思います。特にシャンプーを流した後のギシギシ感はびっくりしますよ。

そこで救世主なのがコレ。

ツルツルサラサラになります。

スペシャルケアに、と思って買いましたが値段もお安いので毎日使っています。

(ただしやたらヌメヌメするので念入りに落とす必要があります。)

 

 

Acure Organicsのアルガンオイル

iherb.co

肌や髪先にと無印良品アルガンオイルを使っていたのですがこちらの方が抜群に安く使用感もいいので切り替えました。少し小さめの瓶ですがガラス瓶なので保存も安心。ロック機能もあるプッシュ式なので持ち歩きもしやすいです。

アルガンオイルは油焼けをしないのでお化粧前にも安心して使えます。手荒れした指先にもすっと浸透して保護してくれるので重宝しています。

 

 

Morningstar Mineralsのダーマブーストを化粧水前に

iherb.co

お風呂上りすぐとお化粧前一番にしゅっしゅしています。これのおかげで肌荒れが治るだとか、保湿力があるだとかそういうアイテムではないのですがその後つける化粧水などの浸透力が全然違います。手荒れ部分に馴染ませるとその後のオイルやハンドクリームの浸透が良くなります。

荒れた肌にも染みない、全く悪さをしない使用感ですのですこぶる肌の調子が悪い時(または酔って帰ってきてすべてが面倒くさい時)はこれを大目に馴染ませた後、上記のアルガンオイルで蓋をするシンプルスキンケアに切り替えています。

 

 

Out of Africaの固形石けん

iherb.co

ボディーソープ、洗顔料は今でもジプシーです。

オーガニックだから絶対荒れないという訳ではなく、なにかしらの成分に反応して痒みがでてしまいます。今まで問題なく使えていたアイテムがある日突然合わなくなることも日常茶飯事です。おかしいなと思ったらすぐに切り替える。対処法はこれしかないです。

ホディーソープ、洗顔料もいろいろと試しましたがシンプルなコレが私には合っている気がします。(楽だし…安上がりだし…)

洗い上がりの肌のもっちりしっとり感がとても気に入っています。

 

 

 

 

現在試しているビオチン療法

iherb.co

なるべく肌にやさしい成分に頼り、合わない気がする成分は徹底的に排除する。もちろん洗剤を使用するとき、洗濯物を干すときはゴム手袋を。これだけ気にかけていても手荒れの完治はしていません。なにかほかに手はないものかと調べて現在試しているのはビオチン療法です。

寝る前に2錠飲む→効果あるような…ないような…

なので

朝、晩1錠ずつに切り替えました。

なんとなく荒れてしまった部分の回復が早く赤みの引きも速い気がします。iHerbにはお値打ちなサプリが豊富にありますのでいろいろと試しながら飲み続けてみたいと思います。

 

 

今のところ唯一信頼しているハンドクリーム

iherb.co

いろんなハンドクリームを試してみましたがこれは信頼できる気がします。

患部に直に塗り込むものですからハンドクリームに関しては特に厳しいです。

いいと思い込んで使っていたハンドクリームが実は悪の根源ということがもしかしたらあるかもしれません。

荒れがいつまでも治らない方、お手持ちのハンドクリームを疑ってください。健気に信じて塗りこまないでください。

「ハンドクリームこそ悪」という極端な結論を胸に生きていましたのですべてのハンドクリームを捨て何も塗らずに過ごしていました。

いったん止めてみるのも手だと思います。私はこれで100%から10%まで落ち着きました。

それでも、ついに加齢でしょうか。今年の冬からやけに手の乾燥が気になるようになったので数年ぶりにハンドクリームを買ってみようと、吟味に吟味を重ね上記のハンドクリームを購入しました。

独特な香りは人を選ぶかもしれませんが肌に悪さはしません。これを塗っているからと言って手荒れが治るというわけではありませんが、乾燥からくる痒みは和らぐと思います。

 

 

 醜い手を見るたびに落ち込み、掻いてしまった自分を憎み、それでも耐えられない痒さに耐えきれず掻きむしってしまう…そんな負のループ。本人はこんなに悩んでいるのに皮膚科に行っても大して相手にもされずステロイドを処方される。(すべての病院がそうとはもちろん言いません。親身に話を聞いてくれるお医者さんもきっといるのでしょう。)詳しいことはよく分かりませんのでステロイドは悪!とは言いません。かなり助けられましたが一時的なものだと気付いて皮膚科に行くことはやめました。

今回なんども繰り返し書きましたが

「肌に触れるすべてのものを疑う、信じて使い続けない。」

でもせっかくなら楽しんでアイテムを選びたい。

こうして私はスキンケアが趣味になったんだと思います。

 

 

 

 

 

さて

「気になるわ、買ってみようかしら」という方はささやかながらお得に購入できる方法がありますので下記をご参考ください。

 

買い物かごに商品を入れた後「プロモコード」「紹介コード」を入力する欄がありますのでコピペで入れてみてください。

初回購入者限定のクーポンコード。5ドルお値引きされます。

「SAVE2017」

購入者5%OFF、その5%分わたくしカノコへ還元されます。良かったら使ってください。

 「LZC991」

(初回購入者限定と併用も可能です)