読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カノコのボヤキ

観たもの・聴いたもの

今年の曲 23枚

今年もコレを。

kanoconga.hatenadiary.jp

リリース日は気にせずわたくしが今年出会い、気に入ったものを並べていきます。

 

 

 

 I'm Not aGun「We Think As Instruments

ユニット名が気になって聴いてみたんですけど全部全部いい。

 

 AOKI takamasa 「PARABOLICA」

 

カッチカチ。作業が捗りそうだけど結局踊りたくなっちゃう、大人のダンスミュージック。

 

 agraph 「a day,phases」「equal」「the shader」

今年はどんな年でした?と聞かれたら「agraphさんが好きだった一年でした」と即答します。美しくてため息が出るような3作品。

 

 Atom TM「HD」

「やんちゃ」の一言。「My Generation」のリミックスがめちゃくちゃ好き。

 

 Andy Stott 「Too Many Voices」

www.youtube.com

 このライブ動画で大好きになりました。ストットらしいどんよりするようなダークさも健在ですがロマンチックでムーディーな曲もあり聴き飽きない。

 

石野卓球「LUNATIQUE」

今年は卓球のソロが出たんだなぁ…。

問答無用で踊ってしまう大好きな1枚。来年は電気グルーヴのアルバムも出るし…ぼーっとしてる暇ないですな。

 

 牛尾憲輔映画 聲の形 オリジナル・サウンドトラック a shape of light

今年一番観た映画は「聲の形

大切に読んでいた作品が映画化されました。しかも劇伴音楽は大好きなagraphこと牛尾さん。うれしかったな。夢のようでした。

 

 エレファントカシマシ「RAINBOW」

一番長くファンでいるバンド。今年はゼップツアーに2日間参加しました。「TEKUMAKUMAYAKON」が特にお気に入り。

 

 Shinichi Atobe「Butterfly Effect

「消息が途絶えていた謎のプロデューサーが10年以上の時を経てリリース」という買うしかないでしょ…って説明文を読んで買ってみましたがドンピシャ。特に「butterfly effect」は美しすぎて悩みとかどうでもよくなるな……って気持ちになります。

 

 Tim HeckerVirgins

ジャケのおっかなさが尋常じゃない。内容もめちゃくちゃ不気味だけどエモーショナルでクラシカル。眠れない夜に聴いて余計に眠れなくなる。

 

 DE DE MOUSEsummer twilight

今年の夏はこの1枚のおかげで楽しく過ごせました。来年の夏もこれを聴いて踊りたい。

 

 特撮「ウインカー」

今年はオーケンの喉の手術があったりソワソワしましたね。無事に復帰したオーケンを迎えられてほっとしました。大人な雰囲気が増した特撮。オーケンのいろんな良さを引き出してくれるNARASAKIさんの曲が大好きです。ベストトラックは「富津へ」

 

 Byetone「PLASTIC STAR」

Raster-Noton、20周年おめでとうございます。11月、京都メトロでの来日イベント行ってきましたがかっこよかった…。

 

BOOM BOOM SATELLITESLAY YOUR HANDS ON ME

これはやっぱりラインナップにいれないとね。

ブンブンを初めて聴いたのは機動戦士ガンダムUC episode5の主題歌「BROKEN MIRROR」でした。かっこよすぎて凄まじい衝撃でした。それからずっとライブに行きたいなと思っていたのに叶わなくてすごく悔しい。切なくてしかたがない。でもきれいな終わりをみせてくれたので寂しさ反面すっきりしています。お疲れ様でした。また来世でふたりの音楽が聴けるといいな。

 

 Four Tet「Evening Side (Oneohtrix Point Never Edit)」

原曲も好きなんですがOPN editが良すぎて無限リピートで聴いておりました。独特な空白の使い方や盛り上がり方がたまらない。

 

 Flanger「Black Hole」

Burnt FriedmanとAtom TMのデュオユニット。この曲がいっちばんすき。骨太でゴリゴリ。

 

 METAFIVE「METAHALF」

WINTER LIVEも行ってきました。もうかっこよすぎて意味が分からなかったです。VJも素敵だった。いつでも最先端。再始動を心より待ってます。ベストトラックは「Peach Pie」

 

yahyel「Flesh and Blood」

偶然にも、ですが二度ライブを観たことがあります。存在感があるバンドだなぁと思っていましたがBeat Recordsでメジャーデビュー。しかもマスタリングはマット・コルトンさん。「へーApple Musicで聴けるし聴いてみるかー」と軽い気持ちで聴いみたらびっくり。めちゃくちゃよかったです。イビツでゆるくしか噛みあっていないビートが絶妙。改めてファンになりました。

 

 Rainer Vell「Struck」

soundcloud.com

modern loveで一番好きなアーティストです。靄が掛かってなんだか埃臭いような不透明な雰囲気にぼんやり流れるおしゃれなメロディーが堪らない。ちょっと割高だったけどLPを買えました。私の今一番大事にしているレコード。サウンドクラウドでも聴けるのでぜひ。

 

Laxenanchaos「 I'm Laxenanchaos」

ブレイクコアというジャンルらしいです。関西を活動拠点としている覆面アーティスト。破壊的なビートに泣きたくなるような切ないメロディがとっても良い。

 

 

 Oneohtrix Point Never「GARDEN OF DELETE

衝撃作でした。こんなに素晴らしい一枚が出た後に次回作はどうなっちゃうんだろうと今後が楽しみなアーティスト。

 

 

 

今年は音楽を聴いてしかいなかったといっても過言ではないほどずっと音楽を聴いていました。

来年もまたたくさんの音楽に出会っているんだろうな。楽しみです。

それでは皆様よいお年を。

 

 

広告を非表示にする