カノコのボヤキ

観たもの・聴いたもの

METALIVE 2016 in EX THEATER ROPPONGI

 

 

 

METAFIVE観に六本木まで行ってきました。素敵な街ですね。 

f:id:kanoconga:20160123101628j:image

 

 

 

セットリスト

 

1.Albore

2.Maisie's Avenue

www.youtube.com

3.Gravetrippin'

4.Luv U Tokio

www.youtube.com

5.Spilit Sprit

6.Anodyne

7.W.G.S.F.

8.Turn Turn

9.Radio Junk

10.Whiteout

11.Radio

www.youtube.com

12.Key

13.Don't Move

www.youtube.com

14.Threads

 

アンコール

 

15.Disaster Baby

16.LUV PANDEMIC

www.youtube.com

17.CUE

 

TEIさんの曲はオリジナルのTEIさんver. ですが雰囲気だけでも伝わればとPVのリンクを貼っておきます。

 

もう。最高でした。まだ一月なのに2016年一番最高だった夜はたぶんこの日でした。

高橋幸宏さんが大好きです。本当に大好きで、尊敬していて、もう想いすぎて訳わかんないくらいにはずっと大好きで。映像や音源をずっとずっと観て聴いて、尊敬しすぎてこの目で一生観れるわけがないと思い込んでいた幸宏さんを初めてこの目で観てきました。やっぱり幸宏さんのドラムが世界で一番大好きです。優しい歌声も大好き。小さいころから幸宏さんの音楽に触れていて、悲しいことも苦しいこともたくさんあったけど生で観れてより近くで幸宏さんの音楽に触れられて、生きていてよかった~~って心の底から思いました。

権藤さんも同じく。権藤さんにしか吹けないあのEupがもうずっとずっと大好きで。生で聴けたんですよ…。感動しすぎてもうトランス状態でした。

 

 

とにかくとにかく最高でした。

 

買うべし! 買うべし!

聴くべし! 聴くべし!

 

 

 

 

 

今年の曲 11選

 

今年もたくさんの音楽に出会いました。とにかくわたしの心に残ったものを今の気持ちで羅列していきたいと思います。

 

 1.アーバンギャルド ガイガーカウンターカルチャー より

コミック雑誌なんかILLかい 』

「(わたしは神になりたい)(わたしは貝になりたい)(わたしは紙になりたい)(わたしは影になりたい)」

なぜか毛嫌いしていたアーバンギャルドを克服しました。その中でも一番好きな曲がコレ。ロックで激重なサウンドが最高。

 

2.エレファントカシマシ Destiny より

『明日を行け』

「大事なモノだけ抱きしめたいのにうまくゆかないそのとまどい

快不快なら 快に向かいたいのにむかえないそのためらい

されど たどりつきゃあ

新たに求めつづけるのが人生のならいなら

友よ 胸を張って足を高く鳴らして行け

まだ見ぬ 明日を行け」

大好きなエレカシ。発売自体は去年ですね。でも今年はこの歌詞にとても背中を押された気がしたので外せません。ドラマや映画の主題歌など、やはり昔と変わったという印象はありますが変わらないものなどない。同じ時代に生きているのなら今の彼らを観ていたい。宮本さんの根本は変わってないもんね。

 

3.AIKATSU☆STARS! Joyful Dance より

『魅惑のパーティー 』

「覚悟して 私といつまででもどうぞ

覚めないで欲しい ねがうねがうねがうの」

NARASAKIさんにひたすらに夢中な一年でした。これは本当に、名曲です。相変わらず複雑で予測不可能な展開、アニソン臭さがないです。凄く上手に声優さんの声を生かしているにも関わらず、アニソンとカテゴライズするにはあまりにもったいない。最高です。

 

 

4.Babymetal より

『おねだり大作戦』

「だって女の子だもん。キラキラしてるのだ~いスキ!」

NARASAKI作曲の「Catch Me If You Can」「ヘドバンギャー!!」も最高なのですが今回はこちら。むちゃくちゃかわいい。ナッキー曲だけではなく全曲聴いてみて、改めて彼女たちのかわいさや直向きな姿勢に心打たれました。すべての曲の作りこみが素晴らしい。「アイドル?興味ないです」なわたくし、今年は推せるアイドルユニットを見つけました。

 

5.COALTAR OF THE DEEPERS  TORTOISE EPより

『SERIAL TEAR 』

 昨年のワンマンから余計にメロメロのディーパーズの音源は今年でずいぶん揃えました。その中でも一番ズガーンときた一曲はこれ。ディーパーズにしてはヘヴィーなギター、ギラギラなドラム。その中に浮かび上がるのはいつものNARASAKIの少年ボイス。ミスマッチなのにベストマッチ。ディーパーズじゃなきゃできない音楽。

さあ来年は25周年。楽しみしてますからね。

  

6.METAFIVE METAより

『don't move』

www.youtube.com

 「最高にクール」って言葉がぴったり。

昨日からiTunes Storeにて先行配信されているアルバム収録は無機質な感じが新しい。同じ曲でここまで変われるかと驚き。幸宏さんのドラムが大好きです。手数の多さじゃない、ひとつひとつの音の重さ・質・タイミング。真似できない彼のドラムを世界一尊敬しています。

 

7.   うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 聖川真斗・一ノ瀬トキヤより

『ORIGINAL RESONANCE』

「違う時に生まれ降りてもたぶん出会っていた

気持ちは一つ 同じことを胸に想うデジャヴ」 

うたプリね…。ずるいですよ。うたプリは好きです。真斗さまの美しさに打ちひしがれ日々を生きておりますがブロ〇コリーが嫌い。どんどん熱が冷めていくそんな中でこのクロスユニットはずるすぎる。ジャケの美しさはなんですか。歌もとてもよかったです。一ノ瀬トキヤの異常な聖川真斗愛を思うと、「トキヤよかったね!」としか言いようがない。なんて楽しそうに歌っているんだ!二人とも!

 

8.八十八ヶ所巡礼 日本より

『脳がとろける街888』

「いつまでも悲しいは続くかい?解けない魔法で融合しようよ」

これは名曲です。八八さんに一気にはまってしまってアルバムをすべてそろえました。その中でも一番やさしく脳に直接くる一曲。戸惑いながらも「こうやって」「こうやって」とまっすぐ突き進むような歌詞がとても暖かい。そして何よりこのバンド、うますぎる。3人とは思いない重量のある音は最高に気持ちがいいです。

 

9.米津玄師 dioramaより

『恋と病熱』

「誰も嫌いたくないからひたすら嫌いでいただけ

皆のこと 自分のこと 君のこと 自分のこと

君がいないと色んなことが

色んな風に嫌いになって

病熱を孕ませ夢を見ていた

盲いた目にみえた落ちていく陽

愛していたいこと愛されたいこと

望んで生きることを許してほしい」 

おもしろいですよね、米津さん。米津さんが好きな友人が多いので試しに聴いてみたところこの曲は特に素敵だなぁと思ったので選出。

 

 

 10.忘れらんねえよ 犬にしてくれ

『寝てらんねえよ』

「どうしたらぶっ壊せるの このクソみたいな世界を

どうしたらいい教えてよ なんだっていい全部やるよ

ベイベー」

www.youtube.com

www.youtube.com

このPVが泣ける!!なんでだろう、泣けるんです。ドンってやったら余計に倒れちゃってさ、なんて情けなくて、なんてダサくて、泥臭くて、でもねかっこいいよ柴田さん。こんなに全身でロックンロールしてるバンド少ない。

 

 

 11.筋肉少女帯 おまけのいちにち(闘いの日々)より

『別の星の物語り』

「その星ではわがままもゆるされるさと

誰しもがお互い疑いもしなかった

傷つけあう言葉さえ分からなくて

あの星では君に悪いことをしたね」

やっぱり大槻さんは特別だなと思うんです。風のように過ぎるこの曲が好きです。

 

 

 

さてこんなところでしょうか。

すでに2月までライブ予定が入っております。来年もあっという間かもしれない。なぁんにも成長できず変化も得られないかもしれない。それでもわたしのことだからきっと、たくさんの音楽に出会うんだろうな。

 

 


にほんブログ村

 

広告を非表示にする

最近買ったもの

こんにちは。ご無沙汰しております。最近聴いてる音楽についていつもながら羅列。

 

 

なんてジャケでしょうね。こっち見ないでほしい。

八十八ヶ所巡礼。

友人が好きなのを横目に気になってはいたのですがふと思い立ってyoutubeでかじってみたところ、大変美味。どはまりしてしまい取り急ぎアルバムすべて購入いたしました。どのアルバムも最高なのですが一番ジャケがキュートな○△□を貼っておきます。変態的で知性がひとかけらも感じられないプログレ、なんていったら悪口みたいですが最高に愛を込めて褒めてます。演奏がうまい。毒々しくて癖になるマーガレットさんのボーカルも最高です。

 

www.youtube.com

ヘドバンしながらキャベツ切ってる映像がまじで意味わかんなくて。最高。

 

 

 

 

さて。そんな後にご紹介するのもなんですが、エレファントカシマシのニューアルバム。「RAINBOW」

本当に、うれしかったです。

 

改めてお帰りなさい、宮本さんってその一言でした。

ブレない。ずーっと惚れ直させてくれる男の人だなぁ。

なんて優しくて暖かいんだろうとうっとりするような声から、力強く時に暴力的で意志のある声。一声一声聴き逃したくない。ずっとずっとエレカシの音楽に励まされてきました。これからもきっと励まされていくんだろうなぁ。お帰りなさい、ずっと不安だったんです。どうかどうかお身体大切にしてください。

 

 

私は、今、一緒に生きているエレファントカシマシが好きです。

だから「昔のエレカシがすきだった」「EMI時代が…」とか。前進しているエレカシを否定するレビューは少しだけ悲しいですね。それほど影響力のある音楽なんだとは思いますが。

 

 

 

以上です。寒くなってきましたね。

広告を非表示にする

最近買ったCDたち

こんにちは。カノコです。

最近買ったCDで気に入ったもの、紹介してないもの。順不同、思いついた限り。

 

 

リンゴ・デススターGODS DREAM 」

今年はわたくしシューゲな一年です。ナッキーサポートメンバーに迎えたアストロブライト来日をきっかけにいろんなバンド聴きあさっています。溺れるほどの轟音に、さっぱりとしたドラム、夢心地なボーカル。最高です。12月の来日楽しみにしています。

 

 

 

忘れらんねえよ「犬にしてくれ」

NARASAKIさんサウンドプロデュース、ギターも弾いてます。カッコイイらしい、ということでNARASAKIさんファンとして購入しましたが大当たり。

バカじゃねーの?!って歌詞だけど愛らしくて切なくてすごくいい。「犬にしてくれ」「寝てらんねぇよ」がびびっときました。ここまで男臭くて泥臭くて情けないほどダサくて、でもわかるぜ…!って思える「ロックバンド」初めて出会えたな。ほかも是非聴きたい。

 

 

 

最近ちょっと聴いてます。米津玄師「Bremen」 

同い年なんですよね。同い年の世界観なのかなと言われたらそうかもしれないな。音楽的にも使われるフレーズの断片や音運びに少しだけ親近感。ただこの人ぶっとんでますよね。心地よいぶっとびなので、気分が向いた時にはぴったりはまるような。毎日は食べないけどたまにいただくスイーツ的な一枚です。

「シンデレラグレイ」が好きです。

あなただけに、その声だけにやさしくされたかっただけっだったのに

(やさしくされたかっただけだったのに、ってタイピングしづらいですね)

 

もう一枚紹介したいな。何がいいかな。

思いつかないので今回はこれにて。

 


にほんブログ村

 

広告を非表示にする